心の病気うつ病うつ病に対する理解を

うつ病とは何かを理解しましょう|心モヤモヤ解消

社会的影響をもたらす病気

女医

うつ病とは、心の病の一つです。具体的な要因は解明されていませんが、一つの要因だけでなく複数の要因が絡みあって発症する病気です。心療内科は最近増加している病院で、気軽に治療を受けられるようになっています。

もっと読む

増えている病気

カウンセリング

うつ病とは、気の持ちようや気持ちの弱さから発症するものではありません。様々な要因が組み合わさり、発症するもので、適切な治療を必要とします。十分な休養や睡眠を取ることも治療の一環であると考えましょう。

もっと読む

うつ病になってしまったら

2人の看護師

うつ病とは、気分が長期に渡って落ち込んでしまい、回復することが困難になってしまうものです。普段どおりの生活を送ることが困難になってしまう前に、医療機関に通うことをおすすめします。医療機関を利用することで、早期回復にも繋がるので利用して頂きたいです。

もっと読む

気分の浮き沈みがあります

カウンセリング

からだにも症状が現れます

うつ病とは、気分障害の一種です。気分障害とは、憂うつな気分や落ち込んで何事も手につかないうつ状態、または極端に気分が高揚した状態が2週間以上続くことをいいます。うつ病のほか、躁うつ病や気分変調性障害などに分類されます。躁うつ病は、気分が高揚する躁状態と落ち込むうつ状態の両方が現れる病気です。躁状態とうつ状態の間は、正常な状態になることが多いです。しかし、正常な状態が訪れないまま躁状態とうつ状態が現れることもあります。また、気分変調性障害は、比較的うつ状態が軽いが、長く続きやすい病気です。かつては抑うつ神経症や神経症うつ病とよばれていました。現在は、気分変調性障害という考え方が広がったことから、患者さんが増えているといわれますが、受診していない人も多くいます。からだに症状がある人には、心療内科を利用しましょう。その理由は、うつ病とはこころの病気とされていますが、からだにも症状が現れる場合もあるからです。その場合、こころとからだの両方を治療する必要があるので、心療内科が適しています。

2週間以上続いた状態です

うつ病とは、憂うつな気分と興味、関心が減退した状態です。人によって、症状はさまざまですが、いくつかの特徴があります。例えば、落ち込んで好きなこともおっくうでやる気が出ないという症状があります。少し前までは、趣味で毎日のようにやっていたことも、なんだかやりたくないと思うようになります。また、考えがまとまらず、仕事の効率も上がらないという症状もあります。また、それまでは難なくこなしていた仕事も、うまくいかなくなり、ミスをするようになったり、納期に遅れたりするようになる場合もあるでしょう。このような経験は、誰しもありますが、この状態が2週間以上続くと、うつ病と診断されることが多いです。そして、うつ病とは多くの場合、食欲不振や頭痛などのからだの症状も現れます。人によっては、ありもしないことを考える妄想が起きたり、幻聴が聞こえたりすることもあります。うつ病は、子どもにも大人にもみられる病気です。そして、不安障害や引きこもりとみなされている人の中にも、うつ病が背景にあるといわれている人たちもいます。いつもと様子が違うと感じたら、早めに診察を受ける必要があるでしょう。

心身共に変調が起こる病気

悩む男性

うつ病とは、気分が落ち込むなどの心の変調と辛い身体症状の両方が現れる病気です。数値で診断できる病気ではないので、出来るだけ詳しく医師に話せるようメモしていくと安心です。うつ病とは、本人の生活リズムを狂わせてしまう病気でもあります。朝昼晩と少しずつ出来ることをして整えていきましょう。

もっと読む

病と向き合い克服する

ドクター

うつ病を治療したい場合、自身にあう方法で心の休息をとるようにしましょう。カウンセリングに通ったり様々な方法があるのです。うつ病とは悪化した場合自殺リスクを伴う病気です。しかし初期段階で病院にかかる事によって適切に治療できます。

もっと読む