ウーマン

うつ病とは何かを理解しましょう|心モヤモヤ解消

社会的影響をもたらす病気

女医

複数の要因がもたらす

発症要因について具体的なことは明確になっていませんが、うつ病とは心の病の一つとされ、精神的な要因や身体的な要因が重なり発病する病気です。一つの要因だけで発生することは少なく、患者を取り巻く環境の様々な要因が重なって発病する病気なのです。その要因の一つは遺伝的要因で、他にも環境要因として幼少期の経験や体験、親しい家族や友人の粗暴、人間関係のトラブルなどの環境変化に身体が対応しきれない場合に起きます。また身体的要因もあり、慢性的な疲労や、ホルモンバランスの変化などによるものと言われています。そして現在最も可能性が高くなっているのがストレスを要因とするものでしょう。過度のストレスは、精神的な負担が大きく本人の自覚も少ないのが特徴で、そのストレスは人間関係や環境の変化など様々な要因から発生します。必ずしも悪い環境が引き起こすわけではなく、良いことから生じるプレッシャーなども精神的に影響を及ぼします。うつ病の発見には心療内科を利用しますが、最近では通いやすくなっている事もあり人気があります。

医師の指導のもと改善

うつ病とは心理的病気ですが、なりやすいタイプがあります。まじめで責任感が強い人ほどかかりやすい傾向があるでしょう。ストレスを上手に発散させることができる人ほどメンタルが強いと言われますが、ストレスをため込まない能力が大事なのです。うつ病の診療には、メンタルの強化を用いられることも少なくありません。自分の許容量を把握し、ストレスをため込まないことがうつ病を回避する方法の一つです。単純にうつ病とは精神が弱いと解釈されがちですが、人間の許容量は誰でも同じで、その許容量を上手に活かすことができることができるかどうかがポイントとなってくるのです。性格や考え方を簡単に変えることはできません。うつ病とはそれを改革することでかかりやすくなるのです。心療内科では医師のアドバイスの元に治療を受けることができます。うつ病の状況によってはすぐに成果が出ない場合もあり、長く治療を続ける必要もありますが、医師の指導やアドバイスの元、メンタル面の改革を行う事で症状を和らげることができます。