ウーマン

うつ病とは何かを理解しましょう|心モヤモヤ解消

増えている病気

カウンセリング

インターネットを活用

強い憂鬱感、気分の落ち込み、意欲の低下、不眠、疲れやすいなどの症状が一時的ではなく、継続してあらわれているという場合には、うつ病である可能性があります。うつ病とは脳の中の神経伝達が正常に行なわれないがゆえに様々な症状があらわれるものであり、気持ちの問題ではありません。その為、うつ病とは医師による診察・治療が必要となる治療であると言えます。うつ病とは適切な治療を継続することで完治させることが出来る病気です。大切なことは治療を諦めない姿勢、そして無理やり治療するのではなく、本人が治療したいという気持ちへ持っていくことです。なお、診察を受けることが出来るクリニックとしては、心療内科や精神科などがあります。最近ではメンタルヘルスクリニックと呼ばれる場合もあります。うつ病とは症状が様々であることや原因がはっきりと解明されていませんが、生まれ持った性格や素質、考え方、環境的な要因、体の中の変化などが複数組み合わさり発症するのではないかとされています。気になる症状があるが、クリニックは受診しにくいという場合には、インターネットのうつ病診断などを利用しても良いでしょう。

休養は悪いことではない

うつ病の治療法は休養、薬物療法やカウンセリングなどがありますが、その他にも日常生活の中で気をつけるべきことがあります。まず、自分の性格や考え方のパターンを理解しましょう。性格や考え方を変えるという行動は簡単なことではありません。しかし、どのような性格であるのか、ストレスを感じる場面などをあらかじめ知っておくことにより、ストレスをコントロールすることが出来るようになります。また、うつ病になる人は几帳面や真面目、責任感が強いという性格の人が多いようです。休んでいることに対して責任感を感じてしまうという場合もあるかもしれませんが、病気を完治させるためには必要不可欠な時間であると割り切る気持ちが大切になります。症状が良くなり始めると、すぐにでも日常生活に戻りたいという気持ちになるかもしれません。しかし、一度に多くのことをやろうとすると症状が再発してしまう可能性がありますので、些細な事でも無理なく出来る事から始めるようにしましょう。